Ulefone Armor Pad2グローバル版は基本性能がそろった2K・ミドルタフネスタブレット端末

スポンサーリンク

はじめに

 

Armor Pad 2(Ulefoneグローバル版公式ページ)

 

Ulefone(ウレフォン)からタブレット端末の紹介です。

Ulefone Armor Pad 2

先代を含めこれまでエントリーモデル中心の展開のため、今回は端末比較はせず単体の紹介となります。

 

 

※ブログで使用している画像はUlefone公式ページ(海外版)等より引用(一部日本語に自動翻訳)しています。

※サイトを開くとBGMが自動再生される場合がありますのでご注意ください(ミュート推奨)。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格とおもな機能・性能

 

発売日・価格

 

2023年10月発売。

公式ショップのブログ作成現在の価格は359.99ドル(日本円で約5.4万円

 

おもな性能・機能

 

【画面サイズ】11インチ2K(2,000×1,200)IPS液晶ディスプレイ(画面比率15:9)

 

 

【本体サイズ】高さ277.8×幅178×薄さ14(ミリ)・重さ1,018グラム

 

 

【CPU】MediaTek Helio G99(2.2GHz)【GPU】Mali-G57

 

 

【メモリーストレージ】8GB+256GB(microSD対応)

 

 

【カメラ】メイン4,800万画素+フロント1,600万画素

 

 

【バッテリー】18,600mAh(急速充電対応33W)

 

 

【防水防塵機能】IP68(耐塵+水没保護)・IP69K(耐塵+高温・高圧水・スチームジェット洗浄保護)+耐衝撃(MIL-STD-810H)

 

 

【OS】Android13

 

 

【その他機能】nanoSIM・側面指紋認証+顔認証・デュアルステレオスピーカー・イヤホン端子・大型ライト搭載

 

 

【カラーバリエーション】yellowBlack(2色展開)

 

 

端末のポイント

 

汎用性の高いCPUを採用

 

 

今回紹介した端末はミドルクラス相当のタフネススマホ。

CPUスコアは約36.5~38.2万点

各中国メーカーがこぞって採用している汎用性の非常に高いCPUであり、Ulefoneでも採用機会が多くなっています。

2023年のミドルクラス基準としてはベストの選択と言えるでしょう。

 

タフネスタブレットとして申し分ないつくり

 

 

先日紹介したばかりのタフネススマホ・Armor 24と同様に背面の大型ライトが特徴的な本端末。

タフネスタブレットとしての必要要素がそろった端末です。

 

 

11インチの大画面+2万mAhに迫る超大容量バッテリー搭載防水防塵+耐衝撃フル対応

急速充電(33W)にもしっかり対応。

この手の大容量バッテリー搭載端末では珍しく?最初から重量記載があるのは親切。

(非公表が多い)

 

リフレッシュレート表記がない(60Hz?)ことから、ディスプレイの表示能力に過剰な期待は禁物といったところでしょうか。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント