【Realme】realme 9i登場【アジア版スマホ】【OPPO系】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

 

realme 9i(Realmeアジア版公式ページ)

 

OPPO系列のスマホメーカーRealme

最近では、昨年秋に初のタブレット端末、realme Padが発売。

日本国内で端末販売のないRealmeが、タブレット発売を機に国内版参入?と噂されていましたが、現時点ではまだ発表の予定はないようです。

 

realme Pad(Realme海外版公式ページ) 

 

今回はスマホ、realme 9iを紹介。

アジア版(公式サイトはベトナム語)の発表です。

現在国内未発表の端末です。

 

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

 

realme 9iの性能・機能

 

 

2022年1月発売。

標準販売価格は6,490,000ドン(ドン=VND)。

日本円に換算すると約32,000円です。

※取り扱うサイトによって価格の差(5,850,000~6,290,000ドン)があります

 

現在の最安はShopee Mallの5,850,000ドン(約2.9万円)

realme 9i(Shopee Mall)

 

約6.6インチFHD+(2,412×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

幅164.4・高さ75.7・薄さ8.4(mm)。重さ190g

 

Snapdragon 680 4G(CPU)・Adreno 610(GPU)

 

 

メモリ6GB+ストレージ128GB

 

 

メイン広角5,000万+ポートレート200万+超広角200万画素(トリプルカメラ)。フロント1,600万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(33W急速充電)

 

 

realmeUI2.0(Android11ベース)

 

 

イヤホン端子あり

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

側面指紋認証・顔認証

 

ブラック・ライトブルー

 

 

端末のポイント

 

 

realme 9iミドルクラススマホです。

当サイトでは最近OPPO端末を取り上げる機会が増えていますが、この端末、直近で取り上げたOPPO A36に似ています。

 

 

ともにCPUがSnapdragon680(ベンチマークテストが約27万点)

バッテリー容量・指紋認証方法・カラーバリエーションなどが同じ。

驚くべきはそのサイズ。

 

realme 9i

 

A36

 

幅・高さ・薄さが全く同じなのです(重量は9iが5gほど重い)。

 

メモリ・カメラ性能など違いはあるため(もちろんそれぞれが独自のOSを採用しています)、メーカーの違い以上に、これらが別の端末であることは明らかですが…

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント