【楽天モバイル】楽天回線2021年春アンテナ予測②西日本(関西~沖縄)

スポンサーリンク

はじめに

 

 

楽天モバイルの公式ホームページにて、来年春までの楽天回線予測エリアが発表されました!

この当ブログでは、全てのエリアの予測エリアをピックアップし、スクロールしていくだけで全国各地の楽天回線エリアを見ることができるようになっています。

今回はその西日本編です

前回の東日本編はこちら。

 

 

濃いピンクの部分楽天回線エリア(高速通信)部分

薄いピンクの部分パートナー回線エリア(au回線)。

紫で表示される部分が2021年春までに広がる予測エリアとなります。

 

2021年春までの全ての楽天回線エリアを紹介するということ。

それは同時に残念なお知らせでもあります。

 

今回紹介しているエリア以外は来年春までに楽天回線が開通しません

 

来年春といえば、楽天モバイル1年無料キャンペーンで入会した会員の期限が切れ、有料化に移行しはじめるタイミングでもあります。

 

将来的に楽天回線をメインに考えていらっしゃるかたにとって、

 

今住んでいるところが将来、楽天回線エリアになるのか?

 

というのは死活問題と言っても差し支えないのではないでしょうか。

また、楽天モバイルをお使いもしくは検討中のかたで引っ越しを検討されているかたは

 

楽天回線の入る地域

 

というのは条件のひとつにもなるかと思います。

そのような、比較検討の参考になれば幸いです。

 

…余談ですが、私は今回の予測を見て引っ越しを決意しました笑

 

本編となる、楽天モバイル・サービスエリア情報はこちらのリンクから確認することができます。

 

 

※ブログやYouTubeで使用している画像は公式ホームページより引用しています。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

 

サービスエリアに関する注意事項

 

楽天回線(自社回線)内であれば、容量実質無制限※で高速通信が利用できます。

1日10GBの制限はあり

一方、パートナー回線では低速時でも1Mbpsという速度がでることは魅力的ですが、高速通信が5GB/月となり、その差は歴然。

 

公式が発表している注意事項の説明から、気になる点を抜粋してみました。

 

楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、電波の状況等によってパートナー回線を利用する通信となる場合があります。

 

これは楽天回線の弱点とも言える点で、注意が必要です。

 

サービスエリアは計算上の数値判定に基づき作成しているため、実際の電波状況と異なる場合があります。

またサービスエリアは予告なく変更となる場合があります。

 

 

このほか、公式が発表している注意事項がいくつかありますので参考にしてみてください。

 

 

 

関西エリア

 

 

滋賀県

 

 

滋賀県中部

今の状態でもなかなかの広がり具合と思いますが、拡大のレベルが違います。

湖岸沿いにエリアが伸びていっています。

 

 

滋賀県南部

こちらも既存エリアの広がりはなかなかだと思うのですが(しかも、JR沿いで実用的です)、予測後の楽天エリアとは比べものになりませんでした。

 

京都府

 

 

京都南部。

宇治・城陽・八幡・京田辺市あたりをぐるっと囲むようにエリアができるようです。

かなりのカバー率です。

 

 

京都中心部です。

西京区や向日市、長岡京市あたりのエリア補強が目立ちます。

 

 

京都西部、中心街からは少し離れた位置にある亀岡市

こちらの街に予測が立っています。

 

 

前回発展した福知山市

来年の予測だとこの辺りまで広がります。

 

 

新規開設地、港町舞鶴

JR東舞鶴・西舞鶴駅がエリアに入っています。

 

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】

 

奈良県

 

 

 

奈良県のはじめは新規エリア、宇陀市から。

三重県との境の市で、予測に入っているのは近鉄大阪線榛原(はいばら)駅周辺のエリアです。

 

 

奈良・生駒市を中心としたエリア。

市と市の間の境界線がなくなり、完全につながりました。

一部大和郡山市、そして京都府木津川市の一部もエリア内です。

 

 

奈良県中部。

天理市が最も大きく広がった印象。

今回の予測によりエリアが途切れることがなくつながっているため、どうしてもこのような広域図になってしまいます。

 

個人的には地図中心部(北葛城郡あたり)がパートナーエリアのままになっているのが気がかり。

 

 

奈良県南部。

先ほどの地図から少し南にずれたところ。

南部にアンテナが広がっているのは、吉野郡

近鉄吉野線吉野駅付近です。

 

和歌山県

 

 

先ほどの地図(奈良県吉野郡)から、西に進んだところ。

ここは和歌山県橋本市

 

 

和歌山市内の様子。

現存エリアとは比較にならないのはもちろん、JR和歌山駅や市街地など、完全に覆いつくしているのが圧巻。

一気に広がりました。

 

大阪府

 

 

和歌山との県境も近い、関西国際空港周辺エリア。

空港の一部も楽天回線エリア内に入っています。

海岸沿いを中心にエリアで埋めています。

 

 

大阪府の、かつての楽天回線エリアとパートナーエリアの境あたりの予測図です。

境界なく、さきほどの大阪南部の地図からエリアが地続きになっているのがおわかりいただけたでしょうか。

 

まだ、この地図ではパートナーエリアがありますが、このあたりは奈良県生駒郡。

ここが楽天回線エリアになると、大阪と奈良の境界線は完全になくなります。

 

 

大阪府北部。

境界線(大阪府枚方市・京都府八幡市)がなくなり、完全につながりました。

 

梅田ビューティークリニック

兵庫県

 

 

兵庫県内、湾岸沿いの様子。

途切れがちだった、エリアが予測で埋め尽くしています。

また、やや山沿いの六甲山より北、西宮市神戸市北区、そして三田市のほうにもアンテナが広がっています。

 

 

先ほどの地域地図からもうすこし西部にいったところ。

楽天回線はたつの市まで到達していました。

 

中国エリア

 

 

岡山県

 

 

岡山・倉敷エリア。

もともと独立してアンテナを広げていった場所ですが、アンテナ予測ではひとつのエリアとして形成されています。

それでもJR岡山駅周辺及びJR倉敷市駅周辺はまだパートナーエリアとなっており、実用性の向上が望まれるところ。

 

広島県

 

 

福山・尾道エリア。

といっても尾道市の範囲はまだまだ。

 

 

三原市周辺。

新規開拓エリアです。

しっかり駅と市街地をカバーしていていいですね。

 

 

東広島市西条近辺。

このままでは点々としているのでつながっていくといいですね。

現状では東広島駅にも西条駅にも隣接していません。

 

 

開設以来、変わらないこのエリアも東広島市です。

 

 

呉市

予測範囲でもちょっと各エリアの幅が小さいように感じます。

まだまだ発展途上といったところでしょうか。

 

 

中心部となる広島市内

今回の予測では特に、安佐南区エリアの成長が著しく感じます。

 

 

観光名所、厳島を見渡せる海岸沿いがエリア予測に入っていました。

厳島自体も本の一部、予測範囲に入っています。

 

山口県

 

 

山口県の主要楽天回線地域を広域でみたところ。

既存地域の防府・宇部・山陽小野田市にくわえて山口市がエリアに入りました。

 

 

本州と九州の境、下関

こちらの地域も予測ではかなりの範囲がエリアに入ることが分かっています。

 

鳥取県

 

 

鳥取砂丘方面(鳥取市)。

鳥取砂丘やJR鳥取駅と周辺市街地がしっかりエリア範囲に入っています。

 

 

こちらも新規開設地、倉吉市。

こちらはかなり心細い印象がありますね。

 

 

鳥取の楽天開設の中心地米子

予測ではさらに拡大し、その範囲を広げています。

 

島根県

 

 

島根で楽天回線が使えるエリア、松江市

こちらも米子同様、拡大エリアが大き、また市街地もしっかりカバーしています。

 

 

出雲大社で全国的におなじみ、出雲市にもアンテナが。

範囲としてはこれからといったところ。

東部に見えるのは松江市宍道町

 

四国エリア

 

 

香川県

 

 

高松市内

高松駅周辺の市街地もしっかり範囲に入っています。

徳島県

 

 

徳島市

高松市ほどではないですが、順調にエリアが大きくなっています。

 

 

松山市

範囲が広くなって広域図でしかとらえきれません。

もちろん松山駅周辺、市街地もしっかりカバーされています。

 

 

松山市北東部の街、今治

今治タオルで有名なところです。

 

 

さらに東に進み、香川県にも近い四国中央市

楽天エリアとしてはこれからの街です。

 

 

既存エリアである、宇和島市

エリア補強の意味合いの強い更新です。

 

 

高知県

 

 

高知市

JR高知駅と市街地がエリアに入り、坂本龍馬像でおなじみ、桂浜近くにもアンテナが伸びています。

 

桂浜と坂本龍馬像

 

九州エリア

 

 

福岡県

 

 

北九州エリア

もともと開設以来、勢いよく成長しているエリアなので、半年くらいの間であればこれくらい成長しているかも?と予測しやすいところでもあります。

地図中央付近にある、パートナーエリアもしくはそのどちらでもない地域が気になります。

 

 

博多、北九州に次ぐ、県内で発展が続く地域。

宗像・直方・古賀市など、いくつかの市で形成されているところです。

半年、という予測期間を考えると成長が物足りなく感じるのは私だけでしょうか?

 

 

既存エリア飯塚市及び新規エリア田川市ほか。

主要とされる街が規模はともあれ、どんどん埋まりつつあります。

 

 

久留米市と大分県日田市

小郡市ほか、佐賀県の鳥栖市も一部エリアにはいっています。

 

 

博多エリア

発展の様子を見る限り、福岡市内の発展というよりは、福岡市にほど近い市にアンテナが広がっていっているようです。

新規エリアとしては春日市、大野城市、筑紫野市

この紫色の予測エリアは途切れることなく佐賀県(先ほどの久留米・日田エリア)まで続いています。

 



創業36年、本場博多のもつ鍋・水炊き専門店【博多若杉

大分県

 

 

中津市内

新規エリアです。

しっかり市街地も範囲におさめています。

 

 

別府市・及び大分市を収めた広域図です。

大分駅(別府駅)及び市街地がしっかりエリア圏内です。

 

佐賀県

 

 

一度の更新で大きな通信エリアに成長した、佐賀市

今回の予測で小城市の一部も範囲内に入りました。

 

 

新設エリア、唐津市周辺。

東に見えるのは、すでに一部が既存エリアとなっている福岡県糸島市

長崎県

 

 

佐世保市の発展予想図。

南北に広がるため、広域図となっています。

 

 

長崎市内の予測図。

元あった地域は市街より離れていたため、実用性に乏しかったといえるのですが、今回の予測では市街地や町中に点在する観光地ををしっかりカバーしていて楽天回線の活用が現実的になりました。

熊本県

 

 

既存エリアであり、九州エリア最初の開設地熊本市

完全にエリア補強としての成長を続ける様子。

 

 

新規開設地、大牟田・荒尾市。

熊本ではようやく第三の都市発展になりました。

 

 

第二の発展都市、八代市

新八代・八代駅ともにエリア内に入っています。

 

宮崎市

 

 

エリアが開設したばかりの宮崎市

約半年後にはこうなります。

 

 

既存エリアの日向・延岡市

日向市はエリア補強、延岡市は市街地を含む拡大傾向にあります。

 

 

都城市

こちらもエリア補強の要素の強い発展となっています。

 

鹿児島県

 

 

新規開設地、薩摩川内市

すきまがあるエリアのため、今後の発展に期待です。

 

 

鹿児島中心地、鹿児島市

桜島の一部にもアンテナ予測が立っているのが意外ですね。

市部もしっかり範囲内に入っており、実用性の高い状況となっています。

 

この心細さはどこ吹く風(現在の状況です)

 

 

九州最南端、指宿市

有名な指宿温泉(砂蒸し風呂)エリアが圏内に入っています。

 

沖縄エリア

 

 

 

既存エリアとなる、那覇・浦添市周辺の地図です。

両市がくっつく形になり、那覇空港もエリア内になっています。

那覇市街も完全に楽天回線に入りました。

 

 

そして

沖縄市にも楽天回線が。

クリックしてみると、中頭郡うるま市の一部もエリアに入っているようです。

 

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント