【楽天モバイル】回線カバー率60%。東京80%超。情報公開不足に不安あり(11/19)

 

楽天モバイル関連のニュースです。

楽天モバイルは現在2020年10月時点での人口カバー率(4G)が全国で63.1%、東京都で87.4%となったことを明らかにしました。

 

ちょうど1年前となる、2019年10月時点で全国の人口カバー率は18.1%、東京都は71.4%だったことも発表し、当初の予定を5年前倒ししている根拠などをアピール。

 

 

しかし

ユーザー側に楽天モバイルから公式ページなどに報告がない
楽天回線の情報が週間更新だったのが不定期更新に変更(最終更新は10/29、元となるデータは10/22のもの)
Rakuten BIGのクリムゾンレッド発表(11月予定)の確定情報がない

 

情報が止まったままのRakuten BIGクリムゾンレッド色発表

 

 

など、楽天回線情報・端末情報などについてのお知らせユーザー側に届いていないことからTwitterをはじめとして不安が募っています。

 

特に、パートナーエリア圏外問題については、実際に圏外になっている地域があることから、逆になぜ対応を公式発表しないのかは大いに疑問が残るところ。

 

楽天モバイルにはプレス向けだけではなく、今現在、実際利用しているかたたちに向けたアピールをもっとしていくべきだと思うのは私だけでしょうか。

今回は以上になります。

 

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント