【楽天モバイル】【パートナーエリア一部終了】楽天回線情報(甲信越~関西エリア)2020.11.19

スポンサーリンク

はじめに

 

 

楽天モバイルキャリア(MNO)のアンテナ情報が更新されました。

 

濃いピンクの部分楽天回線エリア(高速通信)部分。

薄いピンクの部分パートナー回線エリア(au回線)。

濃い紫色の部分が来年春以降にアンテナが建設されると予測されている楽天回線の部分です。

前回の更新からこの予測図も更新されています。

 

楽天モバイル開設時から前回までの楽天モバイル・サービスエリア情報は、こちらのリンクでまとめています。

 

 

※ブログやYouTubeで使用している画像は公式ホームページより引用しています。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

 

 

楽天モバイル ご利用中なら、ご契約中楽天市場でのポイントが、+1倍!

今回の更新内容

 

今回の紹介は甲信越エリア~関西エリアの紹介となります。

今回も前回更新時の地図と比較する形での紹介です。

 

注目は東京と同じく、大阪・奈良エリアのパートナーエリア一部終了問題

現状では、auから発表されたサービス終了のエリアが実際どのくらいエリア地図に反映されているのかはわからない状態です。

 

空白部分(圏外地域)の紹介を地図上の表記で分かる限り紹介していきたいと思います。

 

サービスエリアに関する注意事項

 

楽天回線(自社回線)内であれば、容量実質無制限※で高速通信が利用できます。

1日10GBの制限はあり

一方、パートナー回線では低速時でも1Mbpsという速度がでることは魅力的ですが、高速通信が5GB/月となり、その差は歴然。

 

公式が発表している注意事項の説明から、気になる点を抜粋してみました。

 

楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、電波の状況等によってパートナー回線を利用する通信となる場合があります。

 

これは楽天回線の弱点とも言える点で、注意が必要です。

 

サービスエリアは計算上の数値判定に基づき作成しているため、実際の電波状況と異なる場合があります。

またサービスエリアは予告なく変更となる場合があります。

 

 

このほか、公式が発表している注意事項がいくつかありますので参考にしてみてください。

 

 

 

甲信越エリア

 

 

山梨県

 

 

 

甲府市

小さな小さなエリアからようやく別の地域にアンテナが建ちました。

前回の予測図から予測エリアも大きく広がっています。

(今回の予測図は2021年春以降の予測図となっています)

 

新潟県

 

 

新潟市

こちらも新しい地域にアンテナが建ち、広がりつつあるようです。

 

 

上越市。

前回の予測図を大きく超えてアンテナが広がっています。

11月の時点でほぼ、エリアが完成しているかにも見えます。

 

石川県

 

 

石川県の県庁所在地、金沢

こちらの発展が目ざましいです。

前回と比較してかなりの範囲が楽天圏内になりました。

 

 

小松市

こちらの発展とともに、お隣の白山市にもアンテナが広がりました。

 

富山県

 

 

もともと順調に発展をしていた富山市

ここへきて一気に広がりを見せています。

そしてお隣高岡市に大きなエリア予測が。

 

 

福井県

 

 

福井市とともに越前市が発展を続けています。

 

中部エリア

 

 

全国のなかでも特に楽天回線の成長が目ざましい、中部エリア。

次のパートナーエリア契約終了が予想されるような、そんな成長・発展をとげています。

 

静岡県

 

 

 

富士・三島エリア。

点ほどのエリアが一気に広がりを見せています。

海岸沿いから範囲を広げているようです。

 

 

静岡市を中心とした地域。

こちらも予測図をかなりカバー、約7割くらいまでは到達しているように見えます。

 

 

袋井・焼津エリア。

楽天回線の後発エリアだった静岡県が、特に海沿いを中心に、楽天回線が目立つようになりました。

 

 

浜松・掛川エリア。

こちらも前回はほどんどの地域がパートナーエリアだったのが、海沿いを中心に範囲を広げています。

紫の予測図の範囲もずいぶん埋めてきていますね。

 

愛知県

 

 

静岡県との境も近い、豊橋・豊川を中心とした地域。

名古屋市内だけでなく、ほかの県内の地域もずいぶん発展してきたように思います。

 

 

愛知県南部

かなりの範囲を楽天回線で埋めるようになりました。

 

 

愛知県中部

かなりの割合を楽天回線で占めているのは一目瞭(りょう)然です。

 

 

愛知県北部

ここまで範囲が広がると、逆にまだ予測エリア内の稲沢市(更新後の地図左下)および小牧市(更新後の地図中央)が浮いてみえるくらいです。

 

 

愛知県西部

先ほど伝えた稲沢・小牧にくわえ、一宮市の一部を除くとほぼ楽天回線で埋まっているようです

(地図左側は三重県)

 

県内の楽天回線カバー率はかなり高まっている模様。

主要都市である名古屋市もありますし、次のパートナーエリア契約終了のエリアになるのも近いようです。

 

岐阜県

 

 

多治見市周辺。

ここに限らず、中部エリアのエリア拡大はどこも大規模で行われている気がするのはわたしだけでしょうか?

ほかの地域では更新がなかった地域もあるなかで、変化の度合いが著しいです。

 

 

岐阜市を中心としたエリア。

ここも、中部エリア発展を象徴するかのように一気に成長を遂げているようにみえます。

ほかのエリアに比べて、力の入り具合が違う気もします。

 

三重県

 

 

愛知県との県境に近い、桑名市を中心としたエリア。

すきまの目立つ地域だったのが、ほぼほぼ名古屋市の楽天回線エリアとつながったと言えるくらいのしっかりとしたエリア分布図になりました。

 

 

四日市~鈴鹿エリア。

こちらも楽天回線を示す濃い赤色がかなり目立つようになってきています。

 

 

松阪~伊勢方面。

予測図を埋めるにはまだ時間がかかりそうですが、伊勢方面のエリアが拡大し始めています。

 

 

三重の県庁所在地、津市

海沿いを中心に、確実にそのエリアを大きくしています。

 

これが噂の松阪牛ダイヤモンドカット

関西エリア

 

 

滋賀県

 

 

県中部の楽天回線エリアの様子。

これまでが個の集合だったのが塊になっています。

予測図が埋まればもうJRを含めた主要駅は網(もう)羅してしまいそうな勢いです。

 

 

県南部+京都府山科区の様子。

こちらも湖岸を中心に楽天回線エリアで埋め尽くされています。

 

京都府

 

 

府南部の様子。

すきまはまだまだありますが、かなりのパーセンテージを楽天回線で占めるようになりました。

 

 

府西部の様子。

中心部(京都市内)は発展が見られなかったため今回の紹介は見送り。

 

 

福知山市

前回と今回の予測エリアは異なるのですが、それでも前回の予測図を大きく超えた楽天回線エリアを形成しています。

 

 

今回の更新で楽天回線が形成された舞鶴市

予測図通りの発展でほぼ来年春までの状態になっているようです。

 

奈良県

 

パートナーエリアの紹介はのちほど。

 

 

生駒と奈良周辺。

この比較は更新後の縮尺のほうが広域のため、縮小された印象がありますが更新前の予測図をほぼうめるようなエリア拡大をみせています。

 

 

奈良中部に位置する場所。

こちらもまた、予測図を塗りつぶすように発展を続けています。

 

 

奈良南部

こちらの場合は更新前の予測図にはないところにまで楽天回線が伸びるという成長ぶり。

奈良県の場合はパートナーエリア契約終了問題があるという裏事情も考慮した発展をしているように想像してしまいます。

 

和歌山県

 

 

和歌山市内

中部や奈良などの成長をみていると勘違いしてしまいそうですが、本来の楽天回線の発展のしかたはこれくらいスローだったと、年間通して成長を見ていると思うところです。

和歌山はこの1か所のみ。

開発を放置されている東京市部と似たような印象を受けざるを得ません。

 

大阪府

 

パートナーエリアの紹介はのちほど。

 

 

和歌山との県境も近い、関西国際空港周辺の楽天回線状況。

大阪南部は発展が遅れている印象がありますが、空港内を含めてだいぶ実用的な範囲に楽天回線が伸び始めたようです。

 

 

大阪南部

やはりここでも大阪よりも奈良県(更新後の地図右側)のほうが発展が激しいことが分かります。

大阪もやはり、東京都同じく大阪市内のカバー率が高いため発展が遅れている(見送っている?)印象が強いです。

 

 

大阪北部

こちらも南部と同じくほかのエリアにくらべると予測図の進み具合が遅れている気がします。

 

抹茶スイーツ・宇治茶専門店【伊藤久右衛門】

兵庫県

 

 

県内湾岸部

発展の著しい場所にくらべるとやはり、発展が進んでいない印象を受けてしまいます。

 

 

県西部、岡山県寄りのエリア。

こちらは順調に発展しているようです。

 

パートナーエリア終了?空白部分

 

今年10月にパートナーエリア終了がauから発表されてから、初の更新となる今回。

山あいのエリアなど、エリアの関係で最初から空白(白い色で表示されている部分)もありますが、気になるところを住所を含めて紹介していきたいと思います。

 

大阪府の空白エリア

 

 

かなり点々と空白部分が多い、このエリア。

 

枚方市穂谷
枚方市尊延寺
交野市倉治

 

 

 

府民の森の様子。空白部分が目立っているところ。住所的には

 

交野市星田

 

 

四条畷市一帯。住所的には

 

四条畷市南野・清瀧・下田原

 

 

堺市。

細かいところですが、一か所小さな空白部分が出来ています。

 

 

こちらも堺市なので、同時紹介しておきます。

 

堺市南区稲葉1丁目
堺市西区鳳中町3丁目

 

 

岸和田市岡山町・稲葉町・尾生町
貝塚市三ケ山
和泉市久井町・松尾寺町

 

こちらは、奈良県と重なっている部分です。

 

柏原市雁多尾畑
奈良県生駒郡平群町

 

このあたりの地域が該当しています。

 

 

 

こちらも奈良県と重なっている部分です。3か所ほど空白部分が存在。

 

羽曳野市飛鳥・古市
南河内郡太子町太子・山田
奈良県香芝市畑

 

以上が該当か所になっています。

 

 

奈良県の主な空白部分

 

 

 

生駒山麓公園。住所的には…

 

生駒市俵口町付近

です。

 

こちらも生駒市。

生駒市高山町

 

 

空白部分の目立つ、楽天回線とパートナー回線・予測とも混在するこのエリアは

 

北葛城郡広陵町三吉・笠

に位置する場所です。

こういった混在した一見して楽天回線が使えないと思える場所が、楽天回線一色になることを願ってやみません。

 

大阪・奈良エリアは東京市部よりもさらに空白部分が多い印象を受けました。

 

東京市部の紹介でもお話したのですが、もし楽天モバイルをご利用のかたでお住まいの在宅地域が圏外表示になっている場合。

現段階では圏外表示に関する発表をしていません。

 

実際不具合報告を問い合わせたユーザーが代替機やWIFIルーターなどを無料で借り受けたという話がTwitterであがっています。

楽天モバイルサポートページよりチャットアプリもしくは電話による問い合わせを必ず、直接行うようにしましょう。

 

楽天モバイルお問い合わせページ(公式)

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント