【楽天モバイル】楽天エリア図がリニューアル・公開(2021.04.22)

楽天関連ニュースです。

スポンサーリンク

はじめに

 

4/21,楽天モバイル公式エリア図が更新されました。

今回の更新はリニューアルも含みます。

本格的な拡大に先立ち、これまで参考程度に表示されていた、5Gエリアがあらたに追加されました。

 

新しくなった、エリア図分類

 

これまでの楽天地図は「4GLTEエリア」として

 

新しい楽天エリア図は大きく分けると

 

4GLTEエリア(これまでの楽天地図。未来予測図を含める)

5Gエリア

 

のふたつ。

 

新しく作られた、5Gエリア図

 

この5Gエリアはさらに4つに分類。

うち、2種類は4GLTEエリアと同じ、楽天回線4GLTEエリアとパートナーエリア。

そしてあらたに追加された

 

楽天回線5Gミリ波エリア(青色

 

ミリ波とは、簡単に言えばより高速の出る5Gの周波帯。

高速ではある反面、エリアが狭かったり障害物の影響を受けるなど、利用価値があるもののまだ十分に使いこなせていません。

5G対応でも、ミリ波まで対応しているスマホはまだ多くありません。

 

楽天回線5Gsub6エリア(黄色

 

ミリ波と比べると、速度面では劣ります。

その代わり、4Gの技術を使えるためエリア分布や障害物には強く、エリア拡大のベースとなる、現在の5G通信のメインとなっている周波数帯域。

 

sub6(左)とミリ波(右)

 

以上の分類となります。

ただし、現時点では5Gエリアはまだまだ少なく、さらに5Gのミリ波とsub6エリアが集まった、上記のようなエリア分布はごくわずか。

5Gエリアの開発、そしてなにより4Gエリアのアンテナ強化を願いたいものです。

 

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント