【楽天モバイル】3か月間利用料0円スタート

スポンサーリンク

はじめに

 

Rakuten UN-LIMITからRakuten UN-LIMIT2.0へのバージョンアップ。それまでは他のMVNO同様、低速通信速度が128kbpsでした

 

 

Rakuten UN-LIMIT 2.0

 

楽天モバイル、300万人対象無料キャンペーンがついに終了。

 

Rakuten UN-LIMIT V

 

と同時に、楽天モバイルに契約する、もっともおとくな期間が終了しました。

 

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

公式ホームページ

 

次いで、3か月無料キャンペーンがスタートしたのですが、これからは購入申し込みをする「タイミング」が重要になってきます。

そこで今回は、まだ楽天モバイルを申し込んでいない、検討中のかたに向けてその「タイミング」をいくつかお知らせするという内容になります。

購入・申し込み検討の参考になれば幸いです。

 

YouTube版です。

 

※ブログで使用している画像は公式ページより引用しています。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

動画・ブログ作成の励みになります。

役に立ったと思ったらブックマーク・YouTubeのチャンネル登録、およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 

楽天市場お買い物マラソン開催中!(4/9~4/16)

タイミングを狙うワケ

 

端末の在庫問題

 

端末セット申し込みをするタイミングとしては、残念ながら今はベストなタイミングではないように思います

その理由として挙げられるのがまず、端末の在庫問題です。

 

先日まで他に類をみないキャンペーンが行われていました。

その影響で申し込みが殺到し、現在でもほとんどの楽天モバイル公式端末が品切れとなっています。

つまり、現時点では端末をお好みから選ぶ、というのは難しくなっています。ということは・・・

 

Rakuten hand在庫状況

 

例えば、楽天モバイル一押し、Rakuten handは品切れ中で購入できません。

一番楽天モバイル端末をおとくに購入するタイミングは「初回申し込み」。

なので必然的に選択肢の少ないこのタイミングでの購入は待って欲しい、ということになります。

 

還元ポイント(端末ラインナップ)問題

 

ふたつめの今ではない理由が、ポイント還元ラインナップ問題

現在、申し込み時に大量還元ポイントが受けられる端末は、在庫の問題もありほとんど入手することができなくなっています。

しかも、大半の端末は、実は前回実施されたときのキャンペーンよりも還元ポイントが下がっているのです。

 

在庫状況が3/29当時の記事ですが、前回キャンペーンとの還元率の違いがわかるようになっています。

 

それでも先日までの「1年間無料キャンペーン期間中」であれば、そのタイミングで申し込むのはありだったのですが、今は違います。

例え在庫があったとしても、おすすめするのは難しいのです

(実際、以前のブログでは還元率の下がった端末はおすすめとして紹介していません)。

 

今回還元率の下がった端末が、次回の更新で元に戻る、もしくは還元率が上昇する(あらたな楽天モバイル公式のおすすめ端末になる)可能性がある、いうことです。

 

 

答えのひとつとして

 

回答のひとつ

 

以上のことから、現在取れるおすすめのタイミングは

 

次回、端末ラインナップが更新されたとき

※一部端末を除く。

 

ということになります。

例外を設けたのは、現時点で高還元率(特に2万ポイント還元端末)の端末は、おそらく販促の面から言っても高還元のピークなのではないか、と思っています。なので

 

Rakuten hand(19,999+5,000ポイント還元)

Rakuten BIG(20,000+5,000ポイント還元)※ホワイト・クリムゾンレッドは在庫あり

OPPO Reno3A(20,000+5,000ポイント還元)

AQUOS sense3 plus(20,000+5,000ポイント還元)

 

これらの端末を希望であれば、在庫が復活した後でしか申し込めないという条件付きですが(Rakuten BIGを除く)、入荷のタイミングで申し込んでいいかもしれません。

 

心配される問題

 

先ほど最後に触れたように、回答のひとつとして「端末ラインナップ更新後」の申し込みは、4/10現時点の予想では再び端末のポイント還元率が下がる可能性が高いです。

 

このことは、今回のラインナップ更新時に還元率が全体的に下がったことからも言えます。そこで心配されるのは

 

今回還元率が下がった端末が、さらに下がる

という点。さらに

 

基本ポイント(現在5,000ポイント)も下がる(もしくは、なくなる)

という点でしょう。

 

もっともポイント還元率の高かった頃のキャンペーン。最大28,000ポイントが受け取ることができた

 

これまで楽天モバイルは他のキャリアにはない、無料キャンペーンや大幅なポイント還元を行ってきました。

それは300万人のユーザーを獲得・達成するためでした。

 

かつて存在した同時申し込み可能なキャンペーンのひとつ、友人紹介キャンペーン。のちにポイントが下がり、現在は終了

 

しかし、その代償は重く、現在は楽天グループの大赤字部門となっています。

 

 

これからは黒字化に向けて、これまでの「販促サービス」を少しずつ、縮小していくものと思われます。

当然、キャンペーンもそのポイント率が下がる可能性があるということです。

もちろん、過去にはポイント還元率が下がって、また上がる場合もありました。

 

「端末申し込みタイミング」ピークを過ぎた今、次回の端末ラインナップ更新でどのような動きを見せるのか。

 

非常に気になるところです。

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント