楽天モバイル&ピクセラモバイル。大容量プランを比較。速度計測と、その結末

 

スポンサーリンク

はじめに(本編は3から)

 

NextMall(ネクストモール) ピクセラモバイル公式ショップ

 

ピクセラモバイルの大容量プラン、申し込みました!

100GB3,780円プラン

 

楽天モバイル公式ページ

 

今回は同じ大容量プランとしても運用できる、楽天モバイルとの比較を行いたいと思います。

ピクセラモバイルのプラン内容についてはこちら。

 

 

※ブログで使用している画像は公式ページより引用しています。

 

ピクセラモバイルを選択した理由

 

今回私は、楽天モバイルを1回線解約し、ピクセラモバイルを申し込みました。

その理由としては…

 

大容量プランが存在している

 

楽天モバイルは1GBまで0円で運用できるプランです。

ただし、自宅回線並みに大容量でも運用できる、大容量プランとしての一面もあります。

この点において、大容量プランを持つピクセラモバイルは共通しています。

 

楽天モバイル、1ヵ月の使用例。このような使用量だと、例えばdone doneの50GBプランでも足りません

 

楽天回線速度の物足りなさ

 

楽天回線は容量をいくら使っても最大月額3,278円で運用できる、お得なプランです。

実質無制限にデータ使用できるという意味において、現在このプランを上回る通信会社はありません。

ただしそれをフル活用するには、回線が「安定」し「速度が出る」エリア、という条件付き。

 

例えばブログを書いている私は都内在住ですが、23区エリア内ではありません。

今回の速度計測でも分かりますが、23区内で計測したときに出る100Mbpsような高速通信は望むべくもありません。

 

楽天回線・東京中心部。この辺りのエリアであれば、分布図通りの高速通信ができるでしょう

サービスエリア(楽天モバイル公式ページ)

 

現時点で高速かつ安定した楽天回線をフル活用できるのは、中心部(東京23区・大阪市内など)。

それ以外はまだまだ。

 

(逆に言えば、中心部であれば楽天回線で十分です)

データ使用容量と比較した料金は抜群に安いですが、通信速度の物足りなさは常に感じています。

 

キャリアは高速ですが料金に問題あり。

そこで100Mとはいかないまでも、今回のピクセラモバイルで楽天回線速度を上回って欲しいという、願望を込めた契約を行いました。

 

通信回線の不安定さ

 

スマートフォン本体の問題もあると思うのですが、楽天回線は速度だけではなく、安定性にも欠けます。

東京市部においては、移動中に電波が弱くなることが多々…

 

 

具体的には音楽が次の曲に行かなかったり、ナビゲーションが現在地を失うなど。

公式ページで表示されているような、真っ赤に塗りつぶされた通りの安定はまだありません。

そういった意味で、楽天回線以外の通信会社を利用し、安定という意味での比較も出来ればと考えました。

 

ただこの「安定さ」においては、ある程度の期間ピクセラモバイルを運用してみないと判断は難しいと思います。

そのため、また別の機会に紹介したいと思います。

 

速度計測(楽天回線と比較)

 

 

ここでは、平日休日の速度計測を行います。

ピクセラモバイルと楽天回線の回線は同じ状況下で行っています。

 

スマートフォンでの計測と、PCを利用したテザリング計測。

※スマートフォンでの速度とテザリング速度には違いが出ます

 

各時間帯で平均を取るために、朝・昼・夜各3回づつ。ただし…

 

回線速度は同じエリアであっても室内・室外・窓際・建物の構造などでも変わります。そのため、あくまで参考程度に見ていただければ幸いです。

 

ちなみに…

文章中にPing(ピング)Jitter(ジッター)という言葉が出てきますが、これは簡単に言えばそれぞれ応答速度安定数値のことで、数値が小さいほど良好な通信環境ということが言えます。

 

平日計測

 

平日朝7時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は27~34Mbps、上り(アップロード)は19~24Mbpsという結果が出ました。

 

テザリング計測では、下り速度は18~24Mbps、上りは16~20Mbps

 

オンラインゲームなどの特殊な使用状況を除けば、一般的に通信速度は安定して20Mbps以上が出れば、安心して通信ができるといえるでしょう。

その点でいえば、この時間帯はひとまず問題なく運用できそうです。

 

平日朝7時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は41~53Mbps、上り(アップロード)は5~17Mbps、ダウンロード速度が高い数値が出る時間帯に。

Pingの反応速度も速い数値がでています。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は13~16Mbps、上り(アップロード)は4~11Mbps

数値を見ていくとはっきりするのですが、テザリングはスマホと比べると速度が落ちます

 

平日昼12時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は29~32Mbps、上り(アップロード)は6~9Mbps

平日の昼間で、キャリアから回線を借りている状況で健闘しているのではないでしょうか。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は16~22Mbps、上り(アップロード)は8~11Mbps

 

平日昼12時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は23~26Mbps、上り(アップロード)は8~15Mbps

 

テザリング計測は下り(ダウンロード)速度は12~14Mbps、上り(アップロード)は6~9Mbps

この時間帯はややピクセラ回線の優勢、といったところでしょうか。

 

平日夕方17時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は14~25Mbps、上り(アップロード)は7~9Mbps

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は14~15Mbps、上り(アップロード)は7~8Mbps

 

平日夕方17時(楽天)

 

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は16~28Mbps、上り(アップロード)は7~14Mbps

 

テザリング計測でも下り(ダウンロード)速度は9~17Mbps、上り(アップロード)は6~8Mbps

 

どちらもピクセラ回線と大きく変わらない結果に。

Ping、Jitterに関しては、ともにピクセラ回線のほうに軍配あり

 

平日夜20時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は2535Mbps、上り(アップロード)は1.6~6Mbps

ダウンロードの安定に対し、アップロードは低調に。

 

テザリング計測は下り(ダウンロード)15~16Mbps、上り(アップロード)7~12Mbps

この時間帯は、いい意味でも悪い意味でもスマホとテザリングの速度の差が出る結果になりました。

 

平日夜20時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は1430Mbps、上り(アップロード)は8~12Mbpsと、まずまずの数値。

 

いっぽう、テザリング計測は下り(ダウンロード)速度は7~15Mbps、上り(アップロード)は100kbps以下という超低速~14Mbps。

わずか3回の計測の間にもかかわらず、非常に波の荒い結果となりました。

 

休日(土日)計測

 

休日朝7時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は25~33Mbps、上り(アップロード)は9~20Mbpsといったところ。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は16~33Mbps、上り(アップロード)は8~18Mbpsという、スマホ計測とほぼ変わらない結果に。

 

休日朝7時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測では下り(ダウンロード)速度は24~32Mbps、上り(アップロード)は12~22Mbpsといったところ。

 

テザリング計測では下り(ダウンロード)速度は13~18Mbps、上り(アップロード)は3回とも11Mbpsでした。

 

休日朝の調査では両回線に違いはほとんどありませんでした。

ただし、ジッター数値が楽天回線のほうが良好(安定性が高い)。

楽天回線がやや優勢ともいえるでしょう。

 

 

休日昼12時(ピクセラ)

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は32~34Mbps、上り(アップロード)は23~28Mbps、安定した高速通信を行うことができました。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は16~24Mbps、上り(アップロード)は18~20Mbps

スマホ計測には及ばないものの、こちらも安定した計測を記録。

 

休日昼12時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測では、下り(ダウンロード)速度は27~33Mbps、上り(アップロード)は16~20Mbps

こちらはピクセラ回線の同時間帯に比べるとやや見劣りしますが、速度は安定していると言えます。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は9~15Mbps、上り(アップロード)は10~14Mbps

こちらも物足りなさを感じる速度となり、この時間帯はピクセラ回線の優勢

 

休日夕方17時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測は下り(ダウンロード)速度は13~28Mbps、上り(アップロード)は12~16Mbps

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は4~20Mbps、上り(アップロード)は11~13Mbpsで、下り速度が安定かつ低速のタイミングもある時間帯に。

 

休日夕方17時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測は下り(ダウンロード)速度は15~29Mbps、上り(アップロード)は14~18Mbps

両回線ともほぼ変わらず(Jitterの安定値が楽天回線がより高い)。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は13~18Mbps、上り(アップロード)は8~12Mbpsで、ピクセラ回線に比べて最高速度こそ劣るものの、比較的速度の波のない時間帯となりました。

 

休日夜20時(ピクセラ)

 

 

 

 

 

スマホ計測は下り(ダウンロード)速度は18~29Mbps、上り(アップロード)は8~24Mbpsと、比較的安定しやすいアップロード速度に波を感じます。

 

テザリング計測では、下り(ダウンロード)速度は11~16Mbps、上り(アップロード)は4~6Mbpsとやや低調。

心もとない数値となっています。

 

休日夜20時(楽天)

 

 

 

 

 

スマホ計測は下り(ダウンロード)速度は12~28Mbps、上り(アップロード)は9~16Mbps。

 

いっぽうでテザリング計測は、下り(ダウンロード)速度は2~22Mbps、上り(アップロード)は7~11Mbps

こちらはピクセラ回線にくらべ、ダウンロード速度に波が。

 

この時間帯で見られましたが、ダウンロードのこの速度制限時をほうふつさせるような低速。

これが楽天回線を運用しているなかで気になっている【不安定性】です。

 

結局どちらがいいのか

 

今回の計測と、その過程でお互いの通信回線の(ある程度)メリットデメリットは見えてきました。

ここではその点についてお話します。

 

利用料金優先なら楽天モバイル

 

単純に価格で決めたいのであれば、断然楽天モバイルでしょう。

3,278円の楽天モバイルと、3,780円のピクセラモバイル。

一目瞭然(りょうぜん)です。

 

それに加えてピクセラモバイルには初期費用が必要ですし、一部のプランには契約縛り・解約金もあります。

この点においては選択肢は存在しないといってもいいでしょう。

 

データ容量を気にせず利用したいなら楽天モバイル

 

今回調査にあたって、一番の判断基準となったのが【どれだけデータ無制限に使えるか】でした。

この点において、楽天回線以外の選択肢はないと感じました。

ピクセラモバイルも大容量プランなのですが、容量制限による速度低下が厳しいです。

 

実は計測期間中、何度か3日間の容量制限にかかり、速度制限されていた時間がありました

 

調査期間も通常通りデータ使用していたのですが、それだと容量制限で思うように計測できませんでした。

速度制限時の700kpsは通常利用できる速度ではありません。

調査にデータ容量を残す必要があるため、日常使いに支障が出るまでに。

 

テザリングもご覧の通り(アップロードが14Mbps出ているのが逆に不思議)

 

 

安定性を求めるならピクセラモバイル

 

ここまで読むと、楽天モバイル一択しかないように思えますが…

実はそうではありません。

楽天モバイルにも劣る点は存在します。それは…

 

楽天回線はデータ無制限ですが、十分に利用できるエリアが限られる。

 

冒頭で述べたこの欠点が、今回の調査でも明らかになっています。

 

 

データ通信が移動中に途切れることがあるのが楽天回線です。

とはいえ、国内版のスマホであれば通信もGPS機能もそこまで乱れることはないでしょう。

ただし、性能的には落ちるタブレットや海外製スマホを使用することで、このふたつの回線の差を知ることとなりました。

 

 

例えば中華タブレットのような、国内製でないものだと差がハッキリ出ます。

楽天回線でWiFi通信を行いナビゲーションを利用すると、GPS信号が失われることたびたび。

現在地を見失うこと、たびたび。

 

 

動画や音楽配信サービスも、電波が弱いエリアだと途切れます。

推奨されていることですが、楽天回線を利用するなら楽天モバイル公式スマホ(日本国内で販売されているもの)をおすすめしたいところです。

また、通話においても電波が途切れることが多いのが楽天モバイル。

 

この点は楽天モバイルとピクセラモバイルの比較ではなく楽天回線とほかの回線との比較ともいえるかもしれません。

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント