A96 4Gのインド版?OPPO K10ミドルクラス端末が登場【国内未発表】

 

スポンサーリンク

はじめに

 

OPPO K10(OPPO海外版公式ページ)

 

OPPO社のスマホを取り上げる機会の増えた当ブログですが…

今回はインド版が発表されました。

 

端末名はOPPO K10

※使用している画像は海外版公式ページ等より引用しています。

 

OPPO K10の性能・機能

 

OPPO K10(OPPO海外版公式ショップ)

 

2022年3月発売。

価格は6GB+128GBバージョンが14,990インドルピー(日本円で約2.4万円)。

8GB+128GBバージョンが16,990インドルピー(日本円で約2.8万円)となっています。

 

約6.59インチFHD+(2,412×1,080)液晶ディスプレイ

 

 

幅164.4・高さ75.7・薄さ8.4(mm)。重さ189g

 

 

Snapdragon 680 4G(CPU)・Adreno 610(GPU)

 

 

メモリ6GBまたは8GB、ストレージ128GB(SDスロットあり)

 

メイン5,000万+深度カメラ200万+マクロ200万画素(トリプルカメラ)。フロントカメラ1,600万画素

 

 

 

バッテリー5,000mAh(33W急速充電対応)

 

 

ColorOS11.1(Androidベース)

 

 

イヤホン端子あり

 

デュアルSIM(nano SIM)

 

側面指紋認証、顔認証

 

Sunset Blue(サンセットブルー)・Starry Black(スターリーブラック)の2色展開

 

 

 

ahamo

端末のポイント(実は…)

 

 

冒頭で紹介した通り、OPPO K10(インド版)はミドルクラス相当のスマホです。

搭載CPUのSnapdragon680 4Gはベンチマークテストが約25.5~27万点

これは、最近紹介したOPPO A96 4G版(海外版)と同じです。

 

 

実は、K10は多くの部分においてOPPO A96 4G版と共通点の多い端末となっています。

重さや薄さなど、数グラムの誤差はあるものの、サイズ感はほぼ同じ。

画面サイズ、バッテリー容量+33急速充電に至っては全く同じ数値。

 

違いとしてはA96 4Gがデュアルカメラに対して、K10はトリプルカメラ。

マクロカメラがあるぶん、より幅広く使えるのがK10です。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント