【楽天モバイル】第17回・全国の楽天回線・アンテナ拡大情報(2020.8.5)

スポンサーリンク

はじめに

 

 

楽天モバイルキャリア(MNO)のアンテナ情報が更新されました。

濃いピンクの部分が楽天回線エリア(高速通信)部分

薄いピンクの部分がパートナー回線エリア(au回線)になります。

 

このブログは主に楽天回線エリアの拡大情報になります。

前回までの楽天モバイル・サービスエリア情報はこちらのリンクから確認することができます。

 

 

※ブログやYouTubeで使用している画像は公式ホームページより引用しています。

ブログやYouTubeでは、楽天関連や通信会社をメインにさまざまな役に立つ情報を発信。

役に立ったと思ったらブックマーク・チャンネル登録およびTwitterのフォロー、よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(やくだつおとくなブログ) (@yaoyorozu0322) / Twitter

 


楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

 

北海道エリア

 

 

毎週必ずどこかの地域が更新のおたよりを伝えてくれる楽天回線の最前線、北海道。

今週は2か月のあいだ、毎週更新を続けていた札幌市の更新が途絶えてしまいましたが、ほかの地域はあらたな街を含め、更新をしていてさすが北海道!という週になりました。

 

北見市 NEW!!

 

 

北海道にまたひとつ、あらたな街にアンテナが建ちました。

無加川をはさんでふたつのエリアが形成されています。

 

【室蘭市】

 

 

今回の室蘭市の更新は、ほんとにわずかな変化です。

 

 

前回の更新を見ていないとわからないくらいの小さな変化です。

しかし、更新しないエリアはこんな小さなエリアですら広がらないのですから、こういった少しずつの更新が北海道の定期的な拡大を支えているのだと知りました。

 

小樽市

 

 

札幌に次いで更新の頻度が高めな小樽市。

負けず劣らずと今週は更新していました。

 

 

更新はすべて海沿いにありました。

楽天回線は海沿いから広がる。楽天回線の特徴のひとつです。

 

東北エリア

 

 

宮城県

 

 

最近更新頻度の高い仙台市

今週の更新も、今後まだまだ更新が続くことを予感させるような拡大をみせています。

 

 

比較図。

東北エリア最大の都市にもかかわらず、あまりに楽天回線エリアが広がらず、心配だった場所だったのですが、ここ数週で一気にエリアが伸びてきました。

ここ数回更新が止まったものの、東北最大の楽天回線エリアだった山形市に追いつけ追い越せな勢いがありますね。

 

 

仙台市街までもうすぐ。

 

福島県

 

 

先週、海岸沿いのふたつの地域がつながってひとつのエリアを形づくったいわき市

今週も少しですが拡大を続けていました。

 

 

変化はほんのわずかですが、拡大することよりも、更新頻度が問題です。

次回以降の更新に期待しましょう。

 


関東エリア

 

 

茨城県

 

 

県内に現在3つの地域が広がっている茨城県。

そのうち日立市にエリア更新の情報がありました。

 

 

日立市もまた、小樽市同様海沿いにエリアを拡大させていました。

今回の拡大により、JR常磐線(上野東京ライン)常陸多賀(ひたちたが)駅が楽天回線エリアになりました。

 

神奈川県

 

 

先月上旬に新規開設以来、更新のなかった茅ヶ崎市

夏休みのこの時期に合わせたように更新情報が届きました。

 

 

しかもバッチリ湘南の海沿い(菱沼海岸)に広がっています。

世が世なら海水浴を楽しむエリアに楽天回線が・・・嬉しいやら悲しいやら。

 

とはいえ、江ノ島方面にはまだエリアが広がってはいませんし、来年の夏までに湘南の海岸一帯に楽天回線が広がることを祈ります。

 

甲信越・北陸エリア

 

 

富山県

 

 

横長に大きなエリアがふたつ形成されている、富山市

北陸エリアでは最も発展しているこの地域に更新情報が入っています。

 

 

海岸方向に向かって、富山東部のエリアがごそっと拡大しているのがわかります。

そのエリアは富山市のみならず、範囲はけして広くはありませんが、滑川市および中新川郡にまでひろがっています。

 

今回広がった地域を拡大したところ。海岸方向だけでなく、さらに東部(滑川市)方向にも放射線状に広がりをみせています。

 

石川県

 

 

こちらも茅ヶ崎市同様、新設されてから更新がなかった金沢市

しかし、わずか一週間の更新で縮尺が変わるくらいのおおきな発展を遂げていました、

 

 

前回の新設時の形をほとんどとどめていないほどの大きな拡大です。

北は海岸沿いに広くカバーされています。

南は高速道路(金沢東部環状道路・東長江インターチェンジ)沿いに御所にし公園ほか、今年の甲子園高校野球交流試合の招待校である、星稜高校のグラウンドあたりにエリアが広がっています。

 

星稜高校グラウンド。Googleマップより

 

中部エリア

 

 

三重県

 

 

桑名市は中部でとりわけ変化著しい地域ですが、今週の更新はかつてないくらいの拡大をしていました。

 

桑名市周辺。もはや前回の楽天回線とは別物

 

・・・

 

これまでの地道な更新はなんだったのだろう?

 

そんな言葉が頭に思い浮かぶくらい、巨大なエリアをたった一週間で形づくっていたのです。

このエリアには前回まで白色の地域(楽天回線でも、パートナー回線でもないいわゆる’’圏外’’地域)をもカバーしていっています。

 



【送料無料】の松阪牛ギフト券

関西エリア

 

 

 

滋賀県

 

 

現在の滋賀県南部、大津市の様子です。

最初の拡大はJR琵琶湖線大津駅周辺、そして先週、大学キャンパス近辺にエリアができていたのですが、今週はそのちょうど中間にあらたなエリアが形成されていました。

 

 

住所的には光が丘町、瀬田、北大路町あたり、JR琵琶湖線石山駅の南側になります。

こちらもやはり高速道路沿いに発展しています。

 


全国630店舗以上!リラクゼーション店【りらくる】

 

奈良県

 

 

奈良県の中心部、奈良市周辺です。

もともと更新のたびに大きくエリアが広がっていった印象的な地域なのですが、今回もまた多くエリアが形成・変化していっています。

 

 

縮尺が変わった影響で小さくみえますが、同じサイズにすると枠に収まらないため変更しています。

西側に見えるのは大阪府の楽天回線エリアになります。

拡大は奈良市のみならず、おとなり生駒市も楽天回線が広がっています。

 

 

いっぽうこちらは大和高田市、橿原市の様子。

奈良県第2の開設エリアとして広がっている地域が今週も更新をしていました。

 

 

これまで心もとなかった地域が、ふたつの地域が形成されたことにより実用性の高い地域になりつつあるようです。

 

中国・四国エリア

 

 

山陰の新鮮な鯖を家庭にお届け「松乃江」

 

岡山県

 

 

岡山市内にあらたにエリアが形成されていました。

JR山陽本線岡山駅からまっすぐ南にむかった児島湖沿いです。

 

地図を確認すると、保育園や幼稚園が数多く集まった地域。

どのような変化を見せていくのか気になります。

 

広島県

 

 

広島県アンテナ開設、2か所目は呉市でした。

このエリアはJR呉線呉駅(呉駅自体はエリア内にはありません)にほど近く、利用価値の高い市街地。

ここまでにとどまらず、さらなるエリア拡大につながるといいですね。

 

九州・沖縄エリア

 

 

福岡県

 

 

博多市の現在の楽天回線エリアの状態です。

今回の更新はわかりやすく広がっています。

 

 

向かって右側のふたつの地域はつながりひとつのエリアに、さらにそのすぐ隣の地域にアンテナが建っています。

 

そして、ここにはなにがあるかというと・・・

 

そう、博多の繁華街、西鉄天神大牟田線および地下鉄空港線の天神駅周辺にあたります。

 

西鉄天神駅

 

主要エリアの発展により、楽天回線エリアの利用価値はさらに上がりましたね。

 




【博多久松】九州・博多の美味いものを取り揃えています!

 


 

県内3か所あるエリアのひとつ、宗像市

今回の更新の特徴として、見た目が変わるほどの大きなエリア拡大があげられるのですが、それはこの宗像市にもいえます。

 

 

 

今まで形成されていたエリアの南側、これまでのエリアの大きさと同じくらいのアンテナが形成されていました。

 

 

そして、その宗像市の西側にあたる古賀市にあらたにエリアが建てられていました。

位置としてはJR鹿児島本線古賀駅、九州自動車道古賀インターチェンジにほど近い場所になります。

 

熊本県

 

 

熊本市周辺。

今回の拡大は楽天回線の利用価値が上がる駅周辺の拡大です。

 

 

赤で囲っている部分がJR熊本駅を含めた市街地エリアです。

天神やこの街のように、主要エリアが楽天回線エリアになれば、その街を利用するかたが楽天モバイルを使うキッカケになると思っています。

まずは全国の主要都市市街からアンテナ開設できたらいいのに・・・と思うのは私だけでしょうか。

 


隠れた絶品グルメを産直!九州おとりよせ本舗

楽天
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント