10/26発売【Apple】iPad (第10世代) 発表。10.9インチディスプレイ。ライトニングケーブル廃止・USB-Type C採用モデル

スポンサーリンク

はじめに

 

iPad (第10世代) (Apple公式ページ)

 

Appleから最新のiPadシリーズ発表。

iPad(第10世代)

同時にiPad Proも発表されています(今回紹介するのは無印バージョンになります)。

 

※使用している画像は公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

iPad (第10世代) (Apple公式ページ)

 

2022年10月26日発売

価格はストレージ容量・モデルの違いにより変わるので注意しましょう。

 

Wi-fi専用モデルが64GBタイプが68,800円、256GBタイプが92,800円。

Wi-fi+Cellularモデルが64GBタイプ92,800円、256GBタイプ116,800円。

分割購入(3回払い)または下取り購入が可能です。

 

 

おもな性能・機能

 

IPSテクノロジー搭載10.9インチ(2,360×1,640)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ

 

 

幅248.6×高さ179.5×薄さ7.0ミリ。重さ477グラム(Wi-fiモデル)・481グラム(Wi-fi+Cellularモデル)

 

 

Apple A14 Bionicチップ

 

 

メモリ非公表。ストレージ64GB or 256GB

 

メイン1,200万画素+フロント1,200万画素

 

 

28.6Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵

 

mAh表記になおすと約7,730mAh

 

iPadOS 16

 

 

ステレオスピーカー、デュアルSIM(nanoSIM+eSIM)、Apple Pencil対応

 

 

接続端子:USB-Type Cイヤホン端子なし

 

 

Touch ID(側面指紋認証)

 

シルバー、ブルー、ピンク、イエロー(4色展開)

 

 

ahamo

端末のポイント

 

 

iPad(第10世代)ハイスペックに相当するスマートフォンです。

この評価はAntutuベンチマークスコアが約68.5~75.1万点というところから。

 

ミドルクラスでは高得点ですが、ハイクラスとしては低めの位置に。

ただし、これは現在基準のスマートフォンを評価した場合です。

 

 

タブレット端末だと20万点程度でもミドルクラスの評価を受けるため、このスコアは「群を抜いている」といってもいいでしょう。

このレベルの性能を持つのはAndroid端末では、Xiaomi PadやOPPO Padなどごくわずか。

iPadは価格設定が高めですが、それだけの能力を持った端末であると言えます。

 

 

 

 

 

先代との比較でいえば、一番の変更点はやはり、充電端子がライトニングケーブルから、USB-Type Cに変更になったことでしょう。

以前から告知されていましたが、iPadは今回の端末から統一規格になりました。

反面、イヤホン端子はカットされています。

 

バッテリー表記はAndroid端末からすれば見慣れない単位(wh=ワットアワー)ですが…

mAh(ミリアンペア)表記に直すとこのタブレット端末の場合、約7,730mAhとなっています。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント