最新技術で省電力ディスプレイとトリプルカメラ。ハイクラススマホ・Google Pixel 7 Pro

スポンサーリンク

はじめに

 

Google Pixel 7 Pro(Google Store)

 

Googleオリジナルスマホ・Pixelシリーズ最新作などが発表されました。

Google Pixel 7/Pixel 7 Pro(Felica搭載のPixel  Watchも同時発表)。

 

ふたつの端末は画面サイズなど、似た名前ながらコンセプトが異なるため別々に紹介します。今回は上位互換モデルとなるPixel 7 Proを紹介。

 

 

※使用している画像は公式ホームページより引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

10/12現在、Hazelの256GBモデルが予約終了(購入できませんの表示)になっています

Google Pixel 7 Pro(Google Store)

 

2022年10月13日発売。

価格は2バージョンあり、それぞれ124,300円・139,700円

 

 

これまで同様オンラインストアでは、手数料・利子のかからない分割払いが用意されています。

また、旧Pixelシリーズのスマホなど、スマホを下取りして購入もOK。

 

おもな性能・機能 ※7との違い

 

約6.7インチQHD+(3,120×1,440)LTPO 有機ELィスプレイ

 

リフレッシュレートは現在最高値の120Hz

 

幅76.6×高さ162.9×薄さ8.9(mm)。重さ212g

 

 

Google Tensor G2(CPU)

 

 

メモリ12GB、ストレージ128GB・256GB

 

メイン広角5,000万+超広角1,200万+望遠4,800万画素(トリプルカメラ)+フロント1,080万画素

 

 

バッテリー5,000mAh(急速充電30W対応・ワイヤレス充電+ワイヤレス給電)

 

 

防水防塵対応(IP68)、おサイフケータイ対応(イヤホン端子なし)

 

 

画面内指紋認証、顔認証

 

 

デュアルSIM(nanoSIM+eSIM)

 

Android13(5年間のアップデート保証)

 

Hazel、Snow、Obsidian(3色展開)

 

 

端末のポイント

 

CPUの能力

 

 

Google Pixel 7 Proはハイクラスの性能を持ったスマホです。

今回の端末で初採用されるCPUですが、すでにベンチマークスコアが公開されています。

 

 

現時点では、ベンチマークスコアは約80.1万点

情報によれば、Snapdragon 888+(moto S30 Proなどで採用)、Apple 15(iPhone13シリーズなどに採用)に劣る性能、とも。

 

ただこの「現時点では」というのは、まだ実際にユーザーが使用していないというのと、Antutuアプリがちゃんと対応していないのでは?

という話もあり、この数値はまだはっきりと確定したものではないようです。

CPUの性能自体は7シリーズ間で違いはありません。

 

 

 

7との比較

 

 

 

Pixel 7を紹介したブログでは、先代である6aとの違いを紹介しました。

今回は7とのシリーズ比較です。

 

性能・機能の項目で紹介したとおり、Proは単に7のメモリー・ストレージ容量をアップさせただけのバージョンアップ版にとどまりません。

高性能でありながらコンパクトさをもった7に対し、Proは特に画面まわりの性能がアップした上位互換モデルです。

ProはLTPD OLEDを採用。

7 Proは7よりも、6 Proの性能を引き継いだ端末ともいえます。

 

 

6 Proに引き続き採用された、LTPO (ディスプレイバックプレーン)とは、簡単に言えば消費電力を下げる技術のひとつ。

その技術から、画面を常に点灯させる機会の多いスマートウォッチに採用されているもので、Apple Watchでも採用されています。

 

 

 

カメラもデュアル構成から、望遠を加えたトリプルカメラに。

望遠は6 Proから引き継いでいますが、48 メガピクセル望遠カメラから48 メガピクセル Quad Bayer PD 望遠カメラへ。

 

Quad Bayer PDとは、ソニーのセンサー技術の名称のことを指します。

光学ズーム・超解像ズームが可能に。

当然、その見た目も異なります。

 

消費電力を下げながら、バッテリー容量は6aと比べてダウンした7に比べ、5,000mAhと申し分なし(この点においても、6 Proの5,003mAhとほぼ同じ)。

そのぶん、重さが200gを超えています。

価格も10万円台の大台に乗りました。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

スマホ
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント