DOOGEE T30 Maxグローバル版。シリーズMAXのサイズと性能のミドルタブレット

スポンサーリンク

はじめに

 

T30 Max(DOOGEEグローバル版公式ページ)

 

中国のメーカー・DOOGEE(ドゥージー)社のタブレット端末の紹介

端末名はT30 Max

同じT30シリーズとしてT30 ProとT30 Ultraがありますが、今回は発売時期が新しいUltraと比較しています。

 

 

 

※ブログで使用している画像はDOOGEEグローバル版公式ページ等より引用しています。

※当ページはアフィリエイト広告を利用しています。

 

発売日・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

2023年4月発売

公式ショップのブログ作成現在の価格は日本円に自動翻訳され48,795円

 

おもな性能・機能

※T30 Ultraとの違い(性能サイズ↑性能サイズ↓

 

【画面サイズ】12.4(+1.4)インチWQXGA(2,560×1,600・画面比率16:10)・IPSディスプレイ

 

 

【本体サイズ】幅285.1(+28.6)×高さ185.4(+17.4)×薄さ8.1(+0.5)・重さ678(+139)グラム

 

 

【CPU】Media Tek  Helio G99(2.2GHz)【GPU】Mali-G57

 

 

【メモリストレージ】8GB+512GB(microSD対応)

 

 

【カメラ】メイン5,000(+3,400)万+マクロ200万画素(デュアル構成)+フロント2,000(+1,200)万画素

 

 

【バッテリー】10,800(+2,220)mAh(急速充電33(+15)W)

 

 

【OS】Android14

 

 

【その他機能】デュアルSIM(nanoSIM)・顔認証・SmartPAクアッドスピーカー(ハイレゾ対応)・イヤホン端子・Widevine L1対応(Nexflix非対応)

 

 

【カラーバリエーション】グリーンカーキ・ブラック(3色展開)

 

端末のポイント

 

CPU性能

 

 

今回紹介した端末はミドルクラス相当のタブレットです。

CPUのスコアは約36.5~38.5万点

T30シリーズ共通のCPUとなっています。

 

T30 Ultraとの違い

 

 

今回の端末はUltraのみならず、シリーズでもっとも大きな本体設計となっていることが特徴でもあり差別化されている部分です。

12インチまで拡大された画面サイズのみならず、バッテリー容量がアップしたことで重量も増えているため、シリーズを持っているかたは手に取った感覚が違って感じることでしょう。

 

イメージ写真通りに持ったら落としそうな重量

 

T30 Ultraの12GBメモリーはミドルクラスを考えるとオーバースペックだと感じていましたが…

こちらは8GBに変更。これはコストカットを考えても良い判断だと思います。

逆に、強化されたメインカメラとProにあったマクロカメラが再び採用。

急速充電が33Wにアップするなど、これまでのシリーズ集大成的作りになっています。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー

コメント