エントリークラスからワンランクアップ。タブレット端末・OSCAL Pad10【グローバル版】【Blackview】

AliExpress Global

スポンサーリンク

はじめに

 

OSCAL Pad 10(Blackview海外版公式ページ)

 

中国のメーカー、Blackviewがタブレット端末をサブブランドで発表。

サブブランド・OSCALでのタブレット端末はこれで2代目。

 

端末名はOSCAL Pad 10

今回は、その先代との比較を合わせて紹介する内容となっています。

 

OSCAL S60 Pro。スマホとしては3台が発売中

 

※使用している画像は公式ホームページ(海外版等)より引用しています。

Youtube版

 

   

発売・価格と性能・機能

 

発売日・価格

 

OSCAL Pad 10(AliExpress内公式ショップ)

 

2022年1月発売。

1/9よりプレセールが開催される模様。

価格は199.99ドル(日本円で約2.6万円)

 

おもな性能・機能 ※先代との違い

 

10.1インチWUXGA(1,920×1,200)IPS液晶ディスプレイ

 

 

【CPU】UNISOC Tiger T606【GPU】Mali-G57

 

 

高さ241.3×幅160×薄さ8.9(ミリ)、重さ約536グラム

 

 

メモリ8GB、ストレージ128GB

 

 

メイン1,300万画素(シングルカメラ)+フロント800万画素

 

 

バッテリー6,580mAh

 

 

クアッドスピーカー搭載、イヤホン端子あり

 

 

nanoSIM(デュアルSIM)

 

 

Android12

 

顔認証

 

 

Mint Green、Moonlight Silver、Diamond Grey(3色展開)

 

 

端末のポイント(先代との比較)

 

 

今回紹介した端末はエントリークラス相当のタブレットです。

先代はOSCAL Pad 8(Pad 9は存在しません)。

 

OSCAL Pad 8(Blackview海外版公式ページ)

 

性能を示すCPUのベンチマークスコアは約15.5~15.7万点という数値になっています。

先代のスコアは7.3~11万点。エントリー~ローエンドクラスの中間と言ったところ。

CPUだけ比較しても性能は確実にアップしていることがわかりますが、過剰な期待は禁物といったところ。

 

 

CPUだけでなく、メモリ・ストレージ容量やカメラ画素数など全体的にアップ。

共通しているのは画面サイズとバッテリー容量くらいなもの。

 

 

エントリークラスのタブレットという枠でみても、当端末はその枠にとどまりません。

8GBのメモリー搭載クアッドスピーカーの採用などにその点が見て取ることができます(本来これらの仕様はミドル端末に採用されることが多い)。

 

 

単なる先代のアップグレードにとどまらず、全体的な性能がミドルクラス端末に限りなく近く底上げされています。

(仮の価格設定だったとはいえ)最終的に2万円台に設定された価格設定も含め、コストパフォーマンスの高い端末に仕上がりました。

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

タブレット
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント