【加入しました】BIGLOBEモバイル①エンタメフリー(10/5更新)

スポンサーリンク

はじめに

 

これまで当ブログでは、通信速度から3つの通信会社に絞ってキャンペーンやメリット・デメリットなどを都度、紹介してきました。

 

今回は、ほかのMVNO(格安SIM通信会社)を調べたときに特定の利用者において【刺さる】プランを設定している会社を見つけ

 

「これは自分が使いたいかも!」

 

と思うプランがあり、実際に契約したプランがありますので特別編として紹介します。

 

その会社はWiMAX2+によるWi-Fi通信など、主にルーター通信プランが強い印象のある、BIGLOBEモバイル

 

 

au傘下のMVNO(格安通信会社)です。

その、BIGLOBEモバイルが9月から始めたばかりのプランが今回紹介するものです。

 

 

 


エンタメフリーオプション

 

エンタメフリーオプション

 

こういう人に「刺さる」と紹介した以上、万人におすすめするものではないことを申し上げておきます。

理由としては、月額料金の安さや通話プランの組み合わせなどを優先した場合、他社をおすすめしたほうがいいと思うからです。

 

今回のプランは日常で使用するデータ通信の大部分を

 

YouTube系列(YouTube、YouTube Kids、YouTube Music)
有料動画サービス(ABEMA、 U-NEXT)
有料音楽・ラジオ配信サービスGoogle Play Music、Apple music、Spotify、AWA、Amazon Music、LINE MUSIC、楽天ミュージック、radiko、らじる★らじる、dヒッツ、RecMusic)
有料コミックサービスdマガジン、 dブック、 楽天マガジン、 楽天Kobo)
その他Facebook Messenger、au PAY マーケット)

 

これらのアプリやサブスクサービスに消費しているかた。

これが今回のプランをおすすめしたいかたです。

それが今回の、エンタメフリーオプションサービスです。

 

 

 

料金は安くしたいが、動画サイトを使いたい放題使いたい!
バックグラウンド再生でラジオや音楽を流しっぱなしにしておきたい(作業BGMなどとして)

 

といった用途にピッタリ!

 

これらのような、特定の利用方法に特化したデータ使用をするかた向けのサービスとなっています

 

契約したばかりのプランなので今後は、使用感などをブログ内でお届けできればと思います。

サブスクサービスはできるだけ加入したくない、無料で・・・というかたは、YouTubeと音楽サービスSpotifyがおすすめ。

どちらも広告はついてきますが、無料でできることが多いため、このふたつのサービスを使うだけでも十分、このプランの価値はあると思っています。

 

 

料金システムの一例

 

 

実際に毎月どれくらい料金がかかるかシミュレートしてみましょう。

 

前提条件としては、自前でスマホを用意できること(すでにスマホを持っている)

SIMのみのプランを選択)で新規もしくはNMP(番号移行サービス)申し込み

 

という条件下で

 

すでにメインで利用しているSIMがあるため、サブとしてデータSIMのみ契約(音声通話などはメインで使う)

 

もしくは

 

音声通話セットで申し込む場合でも音声通話はほとんど使わない(かけ放題などのオプションをつけない)

 

というふたつのプランをシミュレートします。

 

理由としては、このふたつの料金プランにする方法がエンタメフリーオプション込みで最も安く利用する方法のためです。

 

データSIMのみ契約

 

BIGLOBEモバイルは、通信回線をau回線/ドコモ回線のいずれかから選択することができます。

 

【au回線を選択した場合】

 

3GBプラン(1,020円/月)+エンタメフリーオプション(980円/月)

2,000円/月+初期費用3,394円別途必要

 

※1GBプランも存在していますが、エンタメフリーオプション加入には容量プランを3GB以上にすることが条件となっています。

 

【ドコモ回線を選択した場合】

 

3GBプラン(900/月)+エンタメフリーオプション(980円/月)

1,880/月+初期費用3,394円別途必要

 

ドコモ回線のほうが120円(税抜き)ほど月額で安くなっているのは、ドコモ回線のみデータSIMのみ契約が可能なため。

(ドコモ回線は、音声・データSIM/SMS送信付データ/データSIMの3種類から選べます)

 

音声通話セットで契約

 

BIGLOBEモバイルは、通信回線をau回線/ドコモ回線のいずれかから選択することができます。

音声SIMセットの契約に関しては、どちらの回線を選択しても料金は変わりません。

 

3Gプラン(1,600円/月)+エンタメフリーオプション(480/月)

2,080円/月+初期費用3,394円別途必要

 

基本通信プランがデータSIMのみに比べると高く価格設定されているかわりに、エンタメオプションが500円安くなっています。

具体的にはデータSIMと比較すると、ドコモ回線プランより+200/月高く、au回線プランより+80円高くなります(税別)。

 

ただし、音声通話セットの場合は、契約することで特典をいくつか受けられることにより、さきほどの基本料金などが期間限定で割引きして利用することが可能です。

 

特典①初期費用(3,394円)が無料

特典②エンタメフリーオプション初回申し込み限定、6か月無料(一部機能除く)

特典③プラン月額料金が6か月間、900円値引き

 

この3つの特典があるため、結論としてデータ通信のみよりも音声通話セットのほうがおとくになっています。

 

有効な運用方法

 

このプランは、例えばこういう利用方法に最適です。

個人的にはBIGLOBEモバイルプランはサブとしての運用がベスト。

 

すでにひとつのSIMカードを持っている(メインの通信会社)上での契約をしていてかつ、スマホ2台持っている場合。

もしくは2枚のSIMカードを使えるスマホを持っている=デュアルSIM対応スマホを使うという方法もあります。

 

ソース画像を表示

デュアルSIM対応スマホのスロット形状。

 

片方のSIMはPCとテザリング運用をし、もう片方にはBIGLOBEモバイルのSIMを使ってエンタメや音楽視聴専用のスマホとして運用する・・・

 

というような利用方法がベストかなと考えられます。

今、お手持ちのスマホがBIGLOBEモバイルに対応しているかどうかは公式ページの対応表がありますので確認してみてください。

 

 

機種によっては個別の設定が必要な場合があります。

 

ここは注意しておきたい

 

 

違約金の発生

 

最近の風潮としていつでも解約がMVNOでは主流となりつつあります。

いろんな通信会社を試して解除できる。

これは実際の通信速度を知るためのお試し利用での契約や、使いやすさなどを考えるといい流れになってきていると思います。

しかし、BIGLOBEモバイルでは最低利用期間(12か月)が存在し、その期間内に解約すると違約金が発生してしまいます。

これが第1のデメリット(注意点)です。

解約料金は1,000円(税別)です。

 

エンタメ利用の料金は別途必要、対象外の機能

 

当然ではありますが、エンタメフリーオプションの特典は視聴時の動画再生を容量を気にすることなく使えるという点にあります。

ですが、有料サービスがこのオプションにより無料で使えるということではありません。

各自有料で加入する必要があります。

 

例えば広告カットやバックグラウンド再生などの特典のある、YouTubeプレミアムには月額料金を支払って加入する必要がありますし、U-NEXTであれば30日間の無料視聴期間がありますが、それ以降は月額料金を支払う必要があります。

 

そして、今回ブログで紹介していないサブスクサービス(NETFLIXなど)は対象外です。

あくまで今回紹介したサービスのみが対象となっています。

 

また、再生画質はスマートフォンを利用とする画質を保証しています。

回線の混雑状況により画質が低下することがあります。

(公式が設定している推奨画質があります)

 

そのた、各アプリやサービスにより対象外となる機能が設定されており、それに掛かる通信は今回の場合だと3GB/月のなかから使用する必要があります。

具体的な機能制限については公式のヘルプページを確認するようにしてください。

 

速度制限時が低速

 

指定された容量制限を超えた場合、200kbpsというかなりの低速通信になってしまいます。

ご注意ください。

3GBの容量は普通に動画などを見ているとあっという間になくなってしまう容量です。

 

なので今回ご紹介したような、ある意味特殊な日常の使い方が生きてくるプランなのです。

 

テザリングは利用対象外(10/5更新)

 

ホームページには記載されていない点で、実際に申し込みの前段階で問い合わせした結果、分かった点になります。

 

エンタメフリーオプションで利用できるサービスは、SIMカードを挿したスマホのみの運用となるそうです。

テザリングでのエンタメフリー利用は出来ません。

例えば、PCにつないだ運用などを目的に考えていたかたがいらしたら、大きなデメリットだと思います。

 

それは私です(それでも契約しました)

 

 

通信会社
スポンサーリンク
シェアする
やおブロをフォロー
やおブロ

コメント