【楽天市場で買える】国内製タブレットはローエンドクラス。スリーアール AT61506

スポンサーリンク

はじめに

 

スリーアール公式ページ

 

日本の企業、スリーアールグループ

測定機器や小型家電などを販売しているメーカーです。

一部は楽天市場でも出店。

 

そんなスリーアールからエントリークラスのタブレット端末が発売。

楽天市場で販売されましたので紹介するのが今回の記事内容となります。

 

 

※ブログで使用している画像は国内版公式ページ等より引用しています。

Youtube版

 

発売日・価格とおもな性能・機能

 

発売日・価格

 

スリーアールAT61506(楽天市場内公式ショップ)

 

2022年11月14日に発売されました。

 

楽天市場内・公式ショップでの販売価格は12,990円

購入タイミングとしては、0や5の付く日楽天市場セール開催日などがやはりおすすめ。

楽天ポイントが加算されるため、実質価格をさらに下げて購入することができます。

 

おもな性能・機能

 

8インチWXGA(1,280×800)IPS液晶ディスプレイ

 

 

高さ208×幅124×薄さ8.8(ミリ)、重さ318グラム

 

 

【CPU】A7 Quad-core【GPU】非公表

 

メモリ2GB、ストレージ32GB(microSDスロットあり)

 

 

(カメラ)メイン500万画素+フロント190万画素

 

 

バッテリー4,000mAh

 

 

Android 10(Go Edition)

 

イヤホン端子あり(防水防塵機能なし※接続端子はmicroUSB-B

 

デュアルSIM(nanoSIM)(4GLTE/Wifiモデルあり)

 

指紋認証方法記載なし

 

ブラック(単色展開)

 

端末のポイント

 

 

スリーアールAT61506エントリーというより、ローエンドクラスのタブレット端末です。

このCPUのベンチマークスコアは約1.8~2.2万点といったところ。

 

ローエンドとは、低価格・低性能な初心者向けのパソコンのことである。 パソコンに不慣れな人でも手が出しやすいように設計されたものである。 シリーズ製品の中でも最も簡易な機能・性能をもつハードウェアに様々なアプリケーションがあらかじめインストールされた状態で販売される(ローエンドモデル-IT用語辞典バイナリ)。

 

販売ページには【A7Quad-Core】と簡略表示されていますが…

正式にはARM Cortex-A7(Quad-core)というCPU。

当ブログで紹介するタブレット端末としては、もっともAntutuスコアの低い端末となりました。

 

 

もともと主な使用目的が電子書籍やお子様向けの端末ということで、全体的な性能はかなり低め。

OSがエントリー向けGo Editionという点からも判断可能です。

 

 

 

今回は以上になります。

ブログや動画ではスマートフォンや通信会社の情報などを紹介。

個人的に「これは買いたい!興味がある」と思ったものを中心に紹介しています。

ブックマークやチャンネル登録などしていただけると作成の励みになります。

よろしくお願いします。

 

やおブロ – YouTube

やおブロ(@yaoblo1021) / Twitter

 

コメント